【営業代行から学ぶ判例】crps 裁判例 lgbt 裁判例 nda 裁判例 nhk 裁判例 nhk 受信料 裁判例 pl法 裁判例 pta 裁判例 ptsd 裁判例 アメリカ 裁判例 検索 オーバーローン 財産分与 裁判例 クレーマー 裁判例 クレプトマニア 裁判例 サブリース 裁判例 ストーカー 裁判例 セクシャルハラスメント 裁判例 せクハラ 裁判例 タイムカード 裁判例 タイムスタンプ 裁判例 ドライブレコーダー 裁判例 ノンオペレーションチャージ 裁判例 ハーグ条約 裁判例 バイトテロ 裁判例 パタハラ 裁判例 パブリシティ権 裁判例 ハラスメント 裁判例 パワーハラスメント 裁判例 パワハラ 裁判例 ファクタリング 裁判例 プライバシー 裁判例 プライバシーの侵害 裁判例 プライバシー権 裁判例 ブラックバイト 裁判例 ベネッセ 裁判例 ベルシステム24 裁判例 マタニティハラスメント 裁判例 マタハラ 裁判例 マンション 騒音 裁判例 メンタルヘルス 裁判例 モラハラ 裁判例 モラルハラスメント 裁判例 リストラ 裁判例 リツイート 名誉毀損 裁判例 リフォーム 裁判例 遺言 解釈 裁判例 遺言 裁判例 遺言書 裁判例 遺言能力 裁判例 引き抜き 裁判例 営業秘密 裁判例 応召義務 裁判例 応用美術 裁判例 横浜地裁 裁判例 過失割合 裁判例 過労死 裁判例 介護事故 裁判例 会社法 裁判例 解雇 裁判例 外国人労働者 裁判例 学校 裁判例 学校教育法施行規則第48条 裁判例 学校事故 裁判例 環境権 裁判例 管理監督者 裁判例 器物損壊 裁判例 基本的人権 裁判例 寄与分 裁判例 偽装請負 裁判例 逆パワハラ 裁判例 休業損害 裁判例 休憩時間 裁判例 競業避止義務 裁判例 教育を受ける権利 裁判例 脅迫 裁判例 業務上横領 裁判例 近隣トラブル 裁判例 契約締結上の過失 裁判例 原状回復 裁判例 固定残業代 裁判例 雇い止め 裁判例 雇止め 裁判例 交通事故 過失割合 裁判例 交通事故 裁判例 交通事故 裁判例 検索 公共の福祉 裁判例 公序良俗違反 裁判例 公図 裁判例 厚生労働省 パワハラ 裁判例 行政訴訟 裁判例 行政法 裁判例 降格 裁判例 合併 裁判例 婚約破棄 裁判例 裁判員制度 裁判例 裁判所 知的財産 裁判例 裁判例 データ 裁判例 データベース 裁判例 データベース 無料 裁判例 とは 裁判例 とは 判例 裁判例 ニュース 裁判例 レポート 裁判例 安全配慮義務 裁判例 意味 裁判例 引用 裁判例 引用の仕方 裁判例 引用方法 裁判例 英語 裁判例 英語で 裁判例 英訳 裁判例 閲覧 裁判例 学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例 共有物分割 裁判例 刑事事件 裁判例 刑法 裁判例 憲法 裁判例 検査 裁判例 検索 裁判例 検索方法 裁判例 公開 裁判例 公知の事実 裁判例 広島 裁判例 国際私法 裁判例 最高裁 裁判例 最高裁判所 裁判例 最新 裁判例 裁判所 裁判例 雑誌 裁判例 事件番号 裁判例 射程 裁判例 書き方 裁判例 書籍 裁判例 商標 裁判例 消費税 裁判例 証拠説明書 裁判例 証拠提出 裁判例 情報 裁判例 全文 裁判例 速報 裁判例 探し方 裁判例 知財 裁判例 調べ方 裁判例 調査 裁判例 定義 裁判例 東京地裁 裁判例 同一労働同一賃金 裁判例 特許 裁判例 読み方 裁判例 入手方法 裁判例 判決 違い 裁判例 判決文 裁判例 判例 裁判例 判例 違い 裁判例 百選 裁判例 表記 裁判例 別紙 裁判例 本 裁判例 面白い 裁判例 労働 裁判例・学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例・審判例からみた 特別受益・寄与分 裁判例からみる消費税法 裁判例とは 裁量労働制 裁判例 財産分与 裁判例 産業医 裁判例 残業代未払い 裁判例 試用期間 解雇 裁判例 持ち帰り残業 裁判例 自己決定権 裁判例 自転車事故 裁判例 自由権 裁判例 手待ち時間 裁判例 受動喫煙 裁判例 重過失 裁判例 商法512条 裁判例 証拠説明書 記載例 裁判例 証拠説明書 裁判例 引用 情報公開 裁判例 職員会議 裁判例 振り込め詐欺 裁判例 身元保証 裁判例 人権侵害 裁判例 人種差別撤廃条約 裁判例 整理解雇 裁判例 生活保護 裁判例 生存権 裁判例 生命保険 裁判例 盛岡地裁 裁判例 製造物責任 裁判例 製造物責任法 裁判例 請負 裁判例 税務大学校 裁判例 接見交通権 裁判例 先使用権 裁判例 租税 裁判例 租税法 裁判例 相続 裁判例 相続税 裁判例 相続放棄 裁判例 騒音 裁判例 尊厳死 裁判例 損害賠償請求 裁判例 体罰 裁判例 退職勧奨 違法 裁判例 退職勧奨 裁判例 退職強要 裁判例 退職金 裁判例 大阪高裁 裁判例 大阪地裁 裁判例 大阪地方裁判所 裁判例 大麻 裁判例 第一法規 裁判例 男女差別 裁判例 男女差别 裁判例 知財高裁 裁判例 知的財産 裁判例 知的財産権 裁判例 中絶 慰謝料 裁判例 著作権 裁判例 長時間労働 裁判例 追突 裁判例 通勤災害 裁判例 通信の秘密 裁判例 貞操権 慰謝料 裁判例 転勤 裁判例 転籍 裁判例 電子契約 裁判例 電子署名 裁判例 同性婚 裁判例 独占禁止法 裁判例 内縁 裁判例 内定取り消し 裁判例 内定取消 裁判例 内部統制システム 裁判例 二次創作 裁判例 日本郵便 裁判例 熱中症 裁判例 能力不足 解雇 裁判例 脳死 裁判例 脳脊髄液減少症 裁判例 派遣 裁判例 判決 裁判例 違い 判決 判例 裁判例 判例 と 裁判例 判例 裁判例 とは 判例 裁判例 違い 秘密保持契約 裁判例 秘密録音 裁判例 非接触事故 裁判例 美容整形 裁判例 表現の自由 裁判例 表明保証 裁判例 評価損 裁判例 不正競争防止法 営業秘密 裁判例 不正競争防止法 裁判例 不貞 慰謝料 裁判例 不貞行為 慰謝料 裁判例 不貞行為 裁判例 不当解雇 裁判例 不動産 裁判例 浮気 慰謝料 裁判例 副業 裁判例 副業禁止 裁判例 分掌変更 裁判例 文書提出命令 裁判例 平和的生存権 裁判例 別居期間 裁判例 変形労働時間制 裁判例 弁護士会照会 裁判例 法の下の平等 裁判例 法人格否認の法理 裁判例 法務省 裁判例 忘れられる権利 裁判例 枕営業 裁判例 未払い残業代 裁判例 民事事件 裁判例 民事信託 裁判例 民事訴訟 裁判例 民泊 裁判例 民法 裁判例 無期転換 裁判例 無断欠勤 解雇 裁判例 名ばかり管理職 裁判例 名義株 裁判例 名古屋高裁 裁判例 名誉棄損 裁判例 名誉毀損 裁判例 免責不許可 裁判例 面会交流 裁判例 約款 裁判例 有給休暇 裁判例 有責配偶者 裁判例 予防接種 裁判例 離婚 裁判例 立ち退き料 裁判例 立退料 裁判例 類推解釈 裁判例 類推解釈の禁止 裁判例 礼金 裁判例 労災 裁判例 労災事故 裁判例 労働基準法 裁判例 労働基準法違反 裁判例 労働契約法20条 裁判例 労働裁判 裁判例 労働時間 裁判例 労働者性 裁判例 労働法 裁判例 和解 裁判例

「営業支援」に関する裁判例(26)平成29年 5月17日 東京地裁 平27(ワ)25428号 不当利得返還請求事件

「営業支援」に関する裁判例(26)平成29年 5月17日 東京地裁 平27(ワ)25428号 不当利得返還請求事件

裁判年月日  平成29年 5月17日  裁判所名  東京地裁  裁判区分  判決
事件番号  平27(ワ)25428号
事件名  不当利得返還請求事件
裁判結果  請求棄却  文献番号  2017WLJPCA05176011

事案の概要
◇不動産の売買及び仲介を主たる事業とする株式会社である原告が、不動産業者向けの集客ソフト等の販売を事業の一つとする株式会社である被告は、同社の従業員において原告の不安を煽って正常な判断を妨げて不安の解決のためと信じ込ませ、原告に不動産営業支援ソフトのリース契約等を締結させて金銭を支払わせたとして、被告に対し、使用者責任に基づき、慰謝料371万3040円の支払を求めた事案

裁判経過
控訴審 平成29年11月 2日 東京高裁 判決 平29(ネ)3171号 不当利得返還請求控訴事件

裁判年月日  平成29年 5月17日  裁判所名  東京地裁  裁判区分  判決
事件番号  平27(ワ)25428号
事件名  不当利得返還請求事件
裁判結果  請求棄却  文献番号  2017WLJPCA05176011

東京都台東区〈以下省略〉
原告 X株式会社
同代表者代表取締役 A
同訴訟代理人弁護士 刈谷龍太
同 若井亮
同 木原輝貴
同 若林翔
埼玉県所沢市〈以下省略〉
被告 Y株式会社
同代表者代表取締役 B
同訴訟代理人弁護士 三宅雄一郎
同 苅野浩
同 西舘勇雄
同 三宅雄大

 

 

主文

1  原告の請求を棄却する。
2  訴訟費用は原告の負担とする。

 

事実及び理由

第1  請求
被告は,原告に対し,金371万3040円を支払え。
第2  事案の概要
1  本件は,不動産業者である原告が,不動産営業支援ソフトの保守契約を締結した相手方である被告に対し,被告の従業員らにおいて,原告の不安を煽って正常な判断を妨げて不安の解決のためと信じ込ませ,原告に同ソフトのリース契約等を締結させて金銭を支払わせた不法行為があるとして,使用者責任に基づく損害賠償として慰謝料371万3040円の支払を求めた事案である。
2  争いのない事実等
(1)  原告は,不動産の売買及び仲介を主たる事業とする株式会社である。
被告は,不動産業者向けの集客ソフト等の販売を事業の一つとする株式会社である。
(2)  被告の従業員であるC(以下「C」という。)とa株式会社(以下「a社」という。)の従業員であるD(以下「D」という。)は,平成26年7月頃,原告代表者に対し,不動産営業支援ソフトである「○○」(以下「本件ソフト」という。)について説明した。これに対し,原告代表者は,本件ソフトの使用について不安を述べた。
(3)  原告は,株式会社bとの間で,平成26年7月25日,本件ソフトのリース契約を締結した。同リース契約では,月額リース料は5万7300円,リース期間は60か月とされていた(甲9の1,2)。
(4)  原告と被告は,平成26年7月下旬,本件ソフトのソフトウェア保守契約(以下「本件保守契約」という。)を締結した。
(5)  本件ソフトは,全国の不動産業者のみが閲覧することができる公益財団法人c機構(以下「c機構」という。)が掲載する物件情報を取り扱うことができる。
3  争点
(1)  被告の従業員の原告の代表者に対する説明につき不法行為の成否
(2)  原告の損害額
4  争点(1)(被告の従業員の原告の代表者に対する説明につき不法行為の成否)に関する当事者の主張
(1)  原告の主張
被告の従業員であるCとa社の従業員であるDは,平成26年7月頃,原告方に訪れ,原告代表者に対し,原告のホームページは現状集客の観点から「残念」であるが,本件ソフトを導入して被告のサービスの提供を受ければ1か月以内に新規の契約者をウェブ媒体を通じて獲得できると熱心に契約を勧誘した。その中で,原告代表者がITやパソコン等のスキルに疎く本件ソフトの使用について不安を述べると,Cは,使っていく中で対応することが難しいところがあれば,丁寧に手取り足取り教えていくと述べた。
また,C及びDは,本件ソフトは不動産業界における集客のノウハウが詰まったソフトであり,写真の掲載数が多ければ多いほど集客につながり,1物件当たりの写真掲載数は無制限に登録可能であること,本件ソフトはユーチューブとシームレスに提携しているためSEO対策は万全であること,自社のホームページにつきその運用を相談できる専用の窓口があり,契約者は被告から常時充実した運用のサポートを得られ,集客は万全であること,紙媒体もポータルサイトもいらず,本件ソフトさえあれば初日から反響どころか契約までできている会社は後を絶たないことなど,まるで被告提供のサービスが魔法の杖か打ち出の小槌のような話であるかのような説明をした。
かかる説明により,原告代表者は,C及びDの説明に虚偽はなく,被告のサポートを受ければ集客は万全であると信じ込まされ,本件保守契約を締結した。
しかし,本件保守契約締結後,被告からは電話でホームページを写真や動画等で充実させるようにとの極めて抽象的な指示があるのみで,集客に結びつくような具体的で実効性のあるホームページの改善策等の指示はなかった。
また,c機構の会員取引規定において,元付業者の承諾を得ることなく登録物件情報の広告掲載等をしてはならないと規定されているが,本件ソフトは,c機構が掲載する物件情報を,自社のホームページの物件一覧に,非公開物件であると公開物件であると問わず,元付業者の承諾なく掲載してしまうものであった。これは,不動産業界の一般的な慣習に反するものであり,コンプライアンス体制等にも違反する可能性があった(原告代表者が被告の従業員に対してその点を問い質したら,違法かどうかはグレーである旨回答した。)。そして,パソコン画面上に被告主張の表示がされることはなかった(仮に被告主張の表示があったとしても,本件ソフトのユーザーが「OK」ボタンをクリックするだけで会員間取引規則を潜脱することができ,本件ソフトはユーザーの違法行為を助長するソフトであり,ソフト開発業者は元付業者の承諾の有無を厳格に確認できるように設定すべきである。)。
このように,被告の従業員であるCらの行為は,原告代表者らのITスキルの不足や営業上の不安にことさら付け込み,その不安を煽り,原告代表者らの正常な判断を妨げた状態を作出し,その状態を利用して,その不安の解決のためになるものと信じ込ませて本件ソフトのリース契約や本件保守契約を締結させて金銭を支払わせたものであり,不法行為に該当する。
(2)  被告の主張
原告の主張(第1段落)につき,Cが原告代表者に本件ソフト等の説明をしたことは認めるが,その際にCが行ったという勧誘文言は否認する。手取り足取り教えていく旨の発言は行っておらず,原告が契約を決意するに至った経緯は不知である。本件保守契約の内容は,被告が原告に対して電話によりソフトの使用方法等をサポートするサービスを提供することであり,Cはその旨を原告代表者に説明したにすぎない。
原告の主張(第2段落)につき,Cが原告に対して,写真掲載数は無制限に登録可能であることと相談のできる専用窓口があることは説明したが,その余は否認する。Cは,原告代表者に対し,原告はこれから本件ソフトを利用するのであるから反響が出てくるまでにはある程度の時間が必要である旨説明している。
原告の主張(第4段落)につき,被告は,原告からの問い合わせに対して丁寧に電話による対応をした。
原告の主張(第5段落)につき,本件ソフトを利用してc機構に掲載された不動産物件情報を不動産仲介業者のホームページに公開するにあたっては,パソコンの画面上に注意書きが表示されるし,仲介業者自らが各不動産物件情報を公開するための作業を行う必要があるのであって,c機構に掲載された不動産物件情報が自動的に本件ソフトを経由して仲介業者のホームページに公開されることはない。
よって,被告の従業員であるCらの行為は,不法行為に該当しない。
5  争点(2)(原告の損害額)に関する当事者の主張
(1)  原告の主張
被告の従業員の不法行為により原告に生じた損害は,慰謝料だけでも371万3040円を下らない。
(2)  被告の主張
原告の主張は,否認ないし争う。
第3  裁判所の判断
1  争点(1)(被告の従業員の原告の代表者に対する説明につき不法行為の成否)について
(1)  原告は,被告の従業員であるCらの行為は,原告代表者らのITスキルの不足や営業上の不安にことさら付け込み,その不安を煽り,原告代表者らの正常な判断を妨げた状態を作出し,その状態を利用して,その不安の解決のためになるものと信じ込ませて本件ソフトのリース契約や本件保守契約を締結させて金銭を支払わせたものであり,不法行為に該当する旨主張する。
しかしながら,上記の原告の主張及びそれを基礎付けるCらの具体的言動について,原告は,原告代表者作成の陳述書すら提出せず,その他の具体的な立証もない。甲第2号証の被告内部のメールにおいて,遅くとも本件保守契約後の平成26年12月5日には,原告(代表者の妻)は,被告の従業員に対して,本件ソフトの導入後にフォローがなく,顧客からの問い合わせもなく,本件ソフトの導入前の説明と全く違う旨の不満を述べ,本件ソフトに関する契約を終了させたい旨を述べたことがうかがわれるが,かかる事実によっても,本件保守契約の締結前に被告の従業員が具体的にどのような説明をしたのかは明らかになっておらず,被告の従業員が原告主張のような説明をしたことを立証するには不十分である。
(2)  また,原告は,本件ソフトは,c機構が掲載する物件情報を,自社のホームページの物件一覧に,非公開物件であると公開物件であると問わず,元付業者の承諾なく掲載してしまうものであり,これは,不動産業界の一般的な慣習に反するものであり,コンプライアンス体制等にも違反する可能性があった旨主張する。
しかし,被告は,乙第2号証の1ないし12のパソコン画面により,一般的な本件ソフトの操作方法について立証し,これによれば,本件ソフトを利用してc機構に掲載された不動産物件情報を不動産仲介業者のホームページに公開するにあたっては,パソコンの画面上に,「※注意※ c機構データをホームページに掲載する際には会員間取引規定細則により,元付け業者の承諾が必要です。違反した場合には処分対象になります。」との注意書きが表示されるし,仲介業者自らが各不動産物件情報を公開するためには,少なくとも2度,個々の不動産毎にパソコン上でクリックして選択するなどの操作が必要であることが認められ,c機構に掲載された不動産物件情報が自動的に本件ソフトを経由して仲介業者のホームページに公開されることはないというべきである。これに対し,原告は,本件ソフトにおける操作が上記とは異なるという立証はしていない。また,本件ソフトが不動産仲介業者向けの不動産営業支援ソフトであり,不動産仲介業者は,本件ソフトの使用の有無にかかわらず,c機構の会員取引規定等の業界のルールを遵守することが求められているというべきであるから,仮にクリック操作によって会員間取引規定を潜脱できるからといって,潜脱するか否かは個々の不動産仲介業者の判断によるのであって,かかる潜脱による違法行為のリスクを,本件ソフトを提供する側に転嫁するのは相当ではない。なお,仮に,原告において上記のクリック操作等を十分理解できず,そのために不満を有しているのだとしても,それは,パソコンの基本的操作の習熟に関する問題であり,その責任を被告に負わせることはできない。
なお,甲第7,第8号証のウェブページの記載によっても,「会員様限定【特選物件】」のコーナーに掲載される物件が,c機構から所有者の許可なく本件ソフトにより非公開物件が抽出されたものであるかは不明であり,原告の主張を裏付けるものではない。
(3)  よって,争点(1)に関する原告の主張は採用できない。
2  以上によれば,その余の点について判断するまでもなく,原告の請求は理由がないからこれを棄却することとし,主文のとおり判決する。
東京地方裁判所民事第39部
(裁判官 上原卓也)

 

*******

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。