【営業代行から学ぶ判例】crps 裁判例 lgbt 裁判例 nda 裁判例 nhk 裁判例 nhk 受信料 裁判例 pl法 裁判例 pta 裁判例 ptsd 裁判例 アメリカ 裁判例 検索 オーバーローン 財産分与 裁判例 クレーマー 裁判例 クレプトマニア 裁判例 サブリース 裁判例 ストーカー 裁判例 セクシャルハラスメント 裁判例 せクハラ 裁判例 タイムカード 裁判例 タイムスタンプ 裁判例 ドライブレコーダー 裁判例 ノンオペレーションチャージ 裁判例 ハーグ条約 裁判例 バイトテロ 裁判例 パタハラ 裁判例 パブリシティ権 裁判例 ハラスメント 裁判例 パワーハラスメント 裁判例 パワハラ 裁判例 ファクタリング 裁判例 プライバシー 裁判例 プライバシーの侵害 裁判例 プライバシー権 裁判例 ブラックバイト 裁判例 ベネッセ 裁判例 ベルシステム24 裁判例 マタニティハラスメント 裁判例 マタハラ 裁判例 マンション 騒音 裁判例 メンタルヘルス 裁判例 モラハラ 裁判例 モラルハラスメント 裁判例 リストラ 裁判例 リツイート 名誉毀損 裁判例 リフォーム 裁判例 遺言 解釈 裁判例 遺言 裁判例 遺言書 裁判例 遺言能力 裁判例 引き抜き 裁判例 営業秘密 裁判例 応召義務 裁判例 応用美術 裁判例 横浜地裁 裁判例 過失割合 裁判例 過労死 裁判例 介護事故 裁判例 会社法 裁判例 解雇 裁判例 外国人労働者 裁判例 学校 裁判例 学校教育法施行規則第48条 裁判例 学校事故 裁判例 環境権 裁判例 管理監督者 裁判例 器物損壊 裁判例 基本的人権 裁判例 寄与分 裁判例 偽装請負 裁判例 逆パワハラ 裁判例 休業損害 裁判例 休憩時間 裁判例 競業避止義務 裁判例 教育を受ける権利 裁判例 脅迫 裁判例 業務上横領 裁判例 近隣トラブル 裁判例 契約締結上の過失 裁判例 原状回復 裁判例 固定残業代 裁判例 雇い止め 裁判例 雇止め 裁判例 交通事故 過失割合 裁判例 交通事故 裁判例 交通事故 裁判例 検索 公共の福祉 裁判例 公序良俗違反 裁判例 公図 裁判例 厚生労働省 パワハラ 裁判例 行政訴訟 裁判例 行政法 裁判例 降格 裁判例 合併 裁判例 婚約破棄 裁判例 裁判員制度 裁判例 裁判所 知的財産 裁判例 裁判例 データ 裁判例 データベース 裁判例 データベース 無料 裁判例 とは 裁判例 とは 判例 裁判例 ニュース 裁判例 レポート 裁判例 安全配慮義務 裁判例 意味 裁判例 引用 裁判例 引用の仕方 裁判例 引用方法 裁判例 英語 裁判例 英語で 裁判例 英訳 裁判例 閲覧 裁判例 学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例 共有物分割 裁判例 刑事事件 裁判例 刑法 裁判例 憲法 裁判例 検査 裁判例 検索 裁判例 検索方法 裁判例 公開 裁判例 公知の事実 裁判例 広島 裁判例 国際私法 裁判例 最高裁 裁判例 最高裁判所 裁判例 最新 裁判例 裁判所 裁判例 雑誌 裁判例 事件番号 裁判例 射程 裁判例 書き方 裁判例 書籍 裁判例 商標 裁判例 消費税 裁判例 証拠説明書 裁判例 証拠提出 裁判例 情報 裁判例 全文 裁判例 速報 裁判例 探し方 裁判例 知財 裁判例 調べ方 裁判例 調査 裁判例 定義 裁判例 東京地裁 裁判例 同一労働同一賃金 裁判例 特許 裁判例 読み方 裁判例 入手方法 裁判例 判決 違い 裁判例 判決文 裁判例 判例 裁判例 判例 違い 裁判例 百選 裁判例 表記 裁判例 別紙 裁判例 本 裁判例 面白い 裁判例 労働 裁判例・学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例・審判例からみた 特別受益・寄与分 裁判例からみる消費税法 裁判例とは 裁量労働制 裁判例 財産分与 裁判例 産業医 裁判例 残業代未払い 裁判例 試用期間 解雇 裁判例 持ち帰り残業 裁判例 自己決定権 裁判例 自転車事故 裁判例 自由権 裁判例 手待ち時間 裁判例 受動喫煙 裁判例 重過失 裁判例 商法512条 裁判例 証拠説明書 記載例 裁判例 証拠説明書 裁判例 引用 情報公開 裁判例 職員会議 裁判例 振り込め詐欺 裁判例 身元保証 裁判例 人権侵害 裁判例 人種差別撤廃条約 裁判例 整理解雇 裁判例 生活保護 裁判例 生存権 裁判例 生命保険 裁判例 盛岡地裁 裁判例 製造物責任 裁判例 製造物責任法 裁判例 請負 裁判例 税務大学校 裁判例 接見交通権 裁判例 先使用権 裁判例 租税 裁判例 租税法 裁判例 相続 裁判例 相続税 裁判例 相続放棄 裁判例 騒音 裁判例 尊厳死 裁判例 損害賠償請求 裁判例 体罰 裁判例 退職勧奨 違法 裁判例 退職勧奨 裁判例 退職強要 裁判例 退職金 裁判例 大阪高裁 裁判例 大阪地裁 裁判例 大阪地方裁判所 裁判例 大麻 裁判例 第一法規 裁判例 男女差別 裁判例 男女差别 裁判例 知財高裁 裁判例 知的財産 裁判例 知的財産権 裁判例 中絶 慰謝料 裁判例 著作権 裁判例 長時間労働 裁判例 追突 裁判例 通勤災害 裁判例 通信の秘密 裁判例 貞操権 慰謝料 裁判例 転勤 裁判例 転籍 裁判例 電子契約 裁判例 電子署名 裁判例 同性婚 裁判例 独占禁止法 裁判例 内縁 裁判例 内定取り消し 裁判例 内定取消 裁判例 内部統制システム 裁判例 二次創作 裁判例 日本郵便 裁判例 熱中症 裁判例 能力不足 解雇 裁判例 脳死 裁判例 脳脊髄液減少症 裁判例 派遣 裁判例 判決 裁判例 違い 判決 判例 裁判例 判例 と 裁判例 判例 裁判例 とは 判例 裁判例 違い 秘密保持契約 裁判例 秘密録音 裁判例 非接触事故 裁判例 美容整形 裁判例 表現の自由 裁判例 表明保証 裁判例 評価損 裁判例 不正競争防止法 営業秘密 裁判例 不正競争防止法 裁判例 不貞 慰謝料 裁判例 不貞行為 慰謝料 裁判例 不貞行為 裁判例 不当解雇 裁判例 不動産 裁判例 浮気 慰謝料 裁判例 副業 裁判例 副業禁止 裁判例 分掌変更 裁判例 文書提出命令 裁判例 平和的生存権 裁判例 別居期間 裁判例 変形労働時間制 裁判例 弁護士会照会 裁判例 法の下の平等 裁判例 法人格否認の法理 裁判例 法務省 裁判例 忘れられる権利 裁判例 枕営業 裁判例 未払い残業代 裁判例 民事事件 裁判例 民事信託 裁判例 民事訴訟 裁判例 民泊 裁判例 民法 裁判例 無期転換 裁判例 無断欠勤 解雇 裁判例 名ばかり管理職 裁判例 名義株 裁判例 名古屋高裁 裁判例 名誉棄損 裁判例 名誉毀損 裁判例 免責不許可 裁判例 面会交流 裁判例 約款 裁判例 有給休暇 裁判例 有責配偶者 裁判例 予防接種 裁判例 離婚 裁判例 立ち退き料 裁判例 立退料 裁判例 類推解釈 裁判例 類推解釈の禁止 裁判例 礼金 裁判例 労災 裁判例 労災事故 裁判例 労働基準法 裁判例 労働基準法違反 裁判例 労働契約法20条 裁判例 労働裁判 裁判例 労働時間 裁判例 労働者性 裁判例 労働法 裁判例 和解 裁判例

「営業代行」に関する裁判例(14)平成28年 3月15日 東京地裁 平27(ワ)4689号 損害賠償等請求事件

「営業代行」に関する裁判例(14)平成28年 3月15日 東京地裁 平27(ワ)4689号 損害賠償等請求事件

要旨
◆被告KH社の従業員の勧誘により、新規上場を予定していたとされる同社の未公開株である本件株式を買い受け、合計4600万円を交付した原告が、本件株式の上場は予定されていない上、被告KH社は実態のないいわゆるペーパーカンパニーであったことから、株式の購入代金名下に金銭を詐取されたと主張して、被告KH社、その代表取締役である被告Y1、交付金の送金先であった被告KC社及びその代表取締役であった被告Y2に対し、民法719条等に基づき、交付金4600万円及び弁護士費用相当額952万円等の連帯支払を求めた事案において、擬制自白により被告KH社の不法行為責任及び被告Y2の共同不法行為責任を認めるとともに、全国的に展開された架空投資詐欺に関連している本件株式の勧誘、販売行為に係る共同不法行為を幇助したとして、被告Y1の共同不法行為責任を認めたほか、被告KC社の共同不法行為責任も認めた上で、交付金及びその10パーセントに相当する弁護士費用460万円を原告の損害と認定し、請求を一部認容した事例

参照条文
民法709条
民法719条
会社法429条1項
民事訴訟法159条

裁判年月日  平成28年 3月15日  裁判所名  東京地裁  裁判区分  判決
事件番号  平27(ワ)4689号
事件名  損害賠償等請求事件
裁判結果  一部認容  文献番号  2016WLJPCA03158012

愛知県豊明市〈以下省略〉
原告 X
同訴訟代理人弁護士 倉﨑淳一
横浜市〈以下省略〉
被告 株式会社共生ホールディングス
同代表者代表取締役 Y1
埼玉県所沢市〈以下省略〉
被告 Y1
同訴訟代理人弁護士 島田進一郎
横浜市〈以下省略〉
被告 株式会社共生コーポレーション
同特別代理人 B
東京都杉並区〈以下省略〉
被告 Y2

 

 

主文

1  被告らは,原告に対し,連帯して5060万円及びこれに対する平成24年3月6日から支払済みまで年5分の割合による金員をそれぞれ支払え。
2  原告のその余の請求をいずれも棄却する。
3  訴訟費用は,被告らの負担とする。
4  この判決は,第1項に限り,仮に執行することができる。

 

事実及び理由

第1  請求
被告らは,原告に対し,連帯して5520万円及びこれに対する平成24年3月6日から支払済みまで年5分の割合による金員をそれぞれ支払え。
第2  事案の概要
本件は,被告株式会社共生ホールディングス(以下「被告共生HD」という。)の従業員の勧誘により,新規上場を予定していたとされる被告共生HDの未公開株(以下,「本件株式」という。)を買い受け,合計4600万円を交付した原告が,真実には,本件株式の上場は予定されていない上,被告共生HDは実態のないいわゆるペーパーカンパニーであったことから,被告共生HDが,株式の購入代金名下に原告から金銭を詐取したものであったと主張して
①  被告共生HDに対しては,民法709条に基づき,
②  被告Y1に対しては,被告共生HDとの共同不法行為として,民法719条2項1項,又は被告共生HDの代表取締役であったことから,会社法429条1項に基づき,
③  被告株式会社共生コーポレーション(以下,「被告共生CO」という。)に対しては,被告共生HDとの共同不法行為として,民法719条2項1項に基づき,
④  被告Y2に対しては,被告共生HD及び被告共生COとの共同不法行為として,民法719条2項1項,又は被告共生COの代表取締役であったことから,会社法429条1項に基づき,
連帯して,損害賠償金5520万円(交付金4600万円及び弁護士費用相当額952万円の合計額)及びこれに対する不法行為の日である平成24年3月6日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である(上記②④の各訴訟物は,選択的併合である。)。
1  前提となる事実(証拠を掲記しないものは,当事者間に争いがない。)
(1) 当事者ら
ア 原告は,昭和22年生の女性であり,後記記載の経緯により,本件株式を購入した当時,年齢は,65歳であり,無職(主婦)であった。
イ 被告共生HDは,商業登記記録上,平成2年11月21日に設立され,資本金の額は,9900万円であり,事業目的として,老人ホームの経営等を掲げている。しかし,被告共生HDの営業の実態はなく,いわゆるペーパーカンパニーであった。(甲37から甲41まで《枝番省略》,甲47から甲50まで,弁論の全趣旨)
ウ 被告Y1は,遅くとも平成23年12月20日から被告共生HDの取締役であり,同日から被告共生HDの代表取締役である。
エ 被告共生COは,商業登記記録上,平成18年4月26日に設立され,資本金の額は,1000万円であり,事業目的として,営業代行業務,事務代行業務,老人ホームの経営等を掲げている。しかし,被告共生COの営業の実態はなく,いわゆるペーパーカンパニーであった。
被告共生COは,原告が本件株式の購入代金を送金した宛先であった。
被告共生COは,後記オ記載のとおり,被告Y2が代表者であったが,取締役を退任し,代表者が不在となった。
当裁判所は,平成27年6月15日,B弁護士を,被告共生COの特別代理人に選任した。(甲15,甲26,甲77から甲79まで,弁論の全趣旨)
オ 被告Y2は,遅くとも平成23年12月14日から被告共生COの取締役であり,同日からまた,本件の株式取引当時においても被告共生COの代表取締役であった。被告Y2は,刑事事件において,実刑判決を受け,会社法331条1項4号の欠格事由に該当し,被告共生COの取締役を退任した。(弁論の全趣旨)
(2) 本件株式の売買
原告は,被告共生HDの従業員を名乗る者から本件株式の購入に関する勧誘を受け,被告共生HDから本件株式を購入し,被告共生HDに対し,次のとおり,4600万円を支払った。
ア 平成24年2月23日 2000万円
イ 同年2月27日 1000万円
ウ 同年3月6日 1600万円
(3) 本件株式の売買の背景事情等
ア 本件株式の売買に関わった被告共生HD及び被告共生COは,株式会社共生の関連会社である。株式会社共生は,高齢者を被害者とする全国的に展開された架空投資詐欺の首謀者と疑われているAが役員となっている会社である。Aは,架空投資詐欺に関与したとして逮捕され,その後起訴され,刑事訴訟手続が進行中である。(甲85から甲91まで,弁論の全趣旨)
イ 原告は,本件株式の売買によって,4600万円が詐取されたとして,警察署に被害届出を提出した。(甲91,弁論の全趣旨)
2  争点及び当事者の主張
(1) 争点①(被告らの共同不法行為責任)について
(原告の主張)
ア 本件株式の購入の勧誘は,営業の実態のない被告共生HDの法人格を詐欺の手段として利用した,被告共生HDの関係者による故意の欺罔を内容とする詐欺行為といえる。
よって,詐欺の手段となった詐欺の実行行為を直接に構成することとなった被告共生HDは,原告に対する不法行為責任(民法709条)を免れない。
イ 被告Y1は,被告共生HDの代表者として,被告共生HDの詐欺の実行行為に加担ないし幇助をしたといえ,少なくとも重大な過失により,詐欺の実行行為に何らかの関与促進したことは明らかであるから,被告共生HDとともに,共同不法行為責任(民法719条2項1項)の責任を負う。
ウ 被告共生COは,レンタルオフィスを賃借し,送金の宛先となったことから,被告共生HDの詐欺の実行行為を幇助したといえ,被告共生HDとともに,共同不法行為責任(民法719条2項1項)の責任を負う。
エ 被告Y2は,被告共生COの代表者として,被告共生COの詐欺の実行行為の幇助行為に加担ないし幇助をしたといえ,少なくとも重大な過失により,詐欺の実行行為に何らかの関与促進したことは明らかであるから,被告共生HD及び被告共生COとともに,共同不法行為責任(民法719条2項1項)の責任を負う。
(被告共生HD及び被告Y2の主張)
被告共生HD及び被告Y2は,本件口頭弁論期日に出頭せず,答弁書その他の準備書面を提出しない。
(被告Y1の主張)
被告Y1は,被告共生HDの代表者として名義を貸しただけであり,本件株式の売買は当然のこと,被告共生HDの実態についても認識がない。
よって,被告Y1は,原告主張の共同不法行為責任を負わない。
(被告共生COの主張)
原告の主張は,いずれも不知ないし争う。
(2) 争点②(被告Y1の会社法429条1項の責任)について
(原告の主張)
被告Y1は,被告共生HDの代表取締役として,被告共生HDが本件株式の売買のような詐欺行為が行われないように業務執行をすべきであったのに,悪意又は重過失によりこれを怠ったものであるから,原告に対し,会社法429条1項に基づく損害賠償責任を負う。
(被告Y1の主張)
被告Y1は,被告共生HDの代表者として名義を貸しただけであり,本件株式の売買は当然のこと,被告共生HDの実態についても認識がない。
よって,被告Y1は,原告主張の会社法429条1項の責任を負わない。
(3) 争点③(原告の損害)について
(原告の主張)
ア 被告共生HDに対し交付し,返還を受けることのできない金額
4600万円
イ 弁護士費用
920万円
本件損害額と相当因果関係の認められる弁護士費用は,少なくとも損害額の2割を下らない。
(被告共生HD及び被告Y2の主張)
被告共生HD及び被告Y2は,本件口頭弁論期日に出頭せず,答弁書その他の準備書面を提出しない。
(被告Y1の主張)
原告の主張は,いずれも不知ないし争う。
(被告共生COの主張)
原告の主張は,いずれも不知ないし争う。
第3  当裁判所の判断
1  争点①(被告らの共同不法行為責任)について
(1)  被告共生HDの不法行為責任(民法709条)について
被告共生HDにおいては,民訴法159条1項及び同3項により,原告主張の不法行為責任を構成する事実について争うことを明らかにしないものとして,これを自白したものとみなす。
(2)  被告Y2の共同不法行為責任(民法719条2項1項)について
被告Y2においては,民訴法159条1項及び同3項により,原告主張の共同不法行為責任を構成する事実について争うことを明らかにしないものとして,これを自白したものとみなす。
(3)  被告Y1の共同不法行為責任(民法719条2項1項)について判断する。
ア 前記第2の1前提となる事実によれば,被告共生HDは,営業行為として本件株式の売買の勧誘を行っていたが,被告共生HDは,営業の実態はなく,ペーパーカンパニーであったこと,本件株式の勧誘,販売行為は,全国的に展開された架空投資詐欺に関連していることが認められ,これに反する証拠はない。
そうすると,被告共生HDの従業員による本件株式購入の勧誘行為は違法であり,それ自体不法行為を構成するものと解するほかはなく,被告HDは,原告に対し,不法行為責任を負う。
イ そして,本件株式の勧誘,販売行為は,被告共生HDの法人格が利用されており,その法人格の取得に協力し,かつ,代表取締役の就任することついても少なくとも名義を貸すことで協力したことを認めているのであるから,これにより,本件株式の勧誘,販売行為を促進かつ助長したことを明らかであり,共同不法行為を幇助したとして,被告Y1は,原告に対し,被告共生HDとともに不法行為責任を負う。
ウ 被告Y1は,本件株式の勧誘,販売行為について具体的な認識もなく,関与もしておらず,共同不法行為責任の成立を争うが,証拠(甲104)によれば,被告共生HDの名義を貸すことにより,何らかの違法行為が行われることを懸念しつつも,それでも報酬を得ようとしたことが認められ,採用できない。
(4)  被告共生COの共同不法行為責任(民法719条2項1項)について
前記(3)アで説示したことに加え,また,前記第2の1で認定した事実によれば,被告共生COは,本件株式の購入代金を送金した宛先となり,被告共生HDの詐欺行為に一部加担していることが明らかであり,原告に対し,被告共生HDとともに不法行為責任を負う。
2  争点②(被告Y1の会社法429条1項の責任)については,争点①と選択的主張であり,被告Y1の責任が肯定したので,判断が不要である。
3  争点③(原告の損害)について
(1)  被告共生HD及び被告Y2においては,民訴法159条1項及び同法3項により,損害の発生について争うことを明らかにしないものとして,これを自白したものとみなすことも考えられるが,損害額の賠償相当性については,自白の拘束力は及ばないことを前提に判断する。
(2)  そこで,原告の損害について検討するに,前記第2の1前提となる事実(2)記載のとおり,被告共生HDに対し,4600万円を交付し,その返還を受けておらず,原告は,同額の損害を受けたと認められる。
また,原告は,その結果,本件訴訟提起を余儀なくされていることからすると,原告主張の弁護士費用相当額のうち,上記金額の10パーセントに相当する弁護士費用460万円に限度で被告らの共同不法行為との相当因果関係のある損害と認められる。
(3)  よって,原告の被告らに対する請求については,連帯して5060万円の支払を求める限度で理由がある。
4  以上によれば,主文の限度で理由があるから,これらを認容することとし,その余は理由がないので,棄却することとし,訴訟費用の負担について民事訴訟法61条,同法64条但書を,仮執行宣言について同法259条1項を適用して,主文のとおり判決する。
(裁判官 澤井真一)

 

*******

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。