【営業代行から学ぶ判例】crps 裁判例 lgbt 裁判例 nda 裁判例 nhk 裁判例 nhk 受信料 裁判例 pl法 裁判例 pta 裁判例 ptsd 裁判例 アメリカ 裁判例 検索 オーバーローン 財産分与 裁判例 クレーマー 裁判例 クレプトマニア 裁判例 サブリース 裁判例 ストーカー 裁判例 セクシャルハラスメント 裁判例 せクハラ 裁判例 タイムカード 裁判例 タイムスタンプ 裁判例 ドライブレコーダー 裁判例 ノンオペレーションチャージ 裁判例 ハーグ条約 裁判例 バイトテロ 裁判例 パタハラ 裁判例 パブリシティ権 裁判例 ハラスメント 裁判例 パワーハラスメント 裁判例 パワハラ 裁判例 ファクタリング 裁判例 プライバシー 裁判例 プライバシーの侵害 裁判例 プライバシー権 裁判例 ブラックバイト 裁判例 ベネッセ 裁判例 ベルシステム24 裁判例 マタニティハラスメント 裁判例 マタハラ 裁判例 マンション 騒音 裁判例 メンタルヘルス 裁判例 モラハラ 裁判例 モラルハラスメント 裁判例 リストラ 裁判例 リツイート 名誉毀損 裁判例 リフォーム 裁判例 遺言 解釈 裁判例 遺言 裁判例 遺言書 裁判例 遺言能力 裁判例 引き抜き 裁判例 営業秘密 裁判例 応召義務 裁判例 応用美術 裁判例 横浜地裁 裁判例 過失割合 裁判例 過労死 裁判例 介護事故 裁判例 会社法 裁判例 解雇 裁判例 外国人労働者 裁判例 学校 裁判例 学校教育法施行規則第48条 裁判例 学校事故 裁判例 環境権 裁判例 管理監督者 裁判例 器物損壊 裁判例 基本的人権 裁判例 寄与分 裁判例 偽装請負 裁判例 逆パワハラ 裁判例 休業損害 裁判例 休憩時間 裁判例 競業避止義務 裁判例 教育を受ける権利 裁判例 脅迫 裁判例 業務上横領 裁判例 近隣トラブル 裁判例 契約締結上の過失 裁判例 原状回復 裁判例 固定残業代 裁判例 雇い止め 裁判例 雇止め 裁判例 交通事故 過失割合 裁判例 交通事故 裁判例 交通事故 裁判例 検索 公共の福祉 裁判例 公序良俗違反 裁判例 公図 裁判例 厚生労働省 パワハラ 裁判例 行政訴訟 裁判例 行政法 裁判例 降格 裁判例 合併 裁判例 婚約破棄 裁判例 裁判員制度 裁判例 裁判所 知的財産 裁判例 裁判例 データ 裁判例 データベース 裁判例 データベース 無料 裁判例 とは 裁判例 とは 判例 裁判例 ニュース 裁判例 レポート 裁判例 安全配慮義務 裁判例 意味 裁判例 引用 裁判例 引用の仕方 裁判例 引用方法 裁判例 英語 裁判例 英語で 裁判例 英訳 裁判例 閲覧 裁判例 学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例 共有物分割 裁判例 刑事事件 裁判例 刑法 裁判例 憲法 裁判例 検査 裁判例 検索 裁判例 検索方法 裁判例 公開 裁判例 公知の事実 裁判例 広島 裁判例 国際私法 裁判例 最高裁 裁判例 最高裁判所 裁判例 最新 裁判例 裁判所 裁判例 雑誌 裁判例 事件番号 裁判例 射程 裁判例 書き方 裁判例 書籍 裁判例 商標 裁判例 消費税 裁判例 証拠説明書 裁判例 証拠提出 裁判例 情報 裁判例 全文 裁判例 速報 裁判例 探し方 裁判例 知財 裁判例 調べ方 裁判例 調査 裁判例 定義 裁判例 東京地裁 裁判例 同一労働同一賃金 裁判例 特許 裁判例 読み方 裁判例 入手方法 裁判例 判決 違い 裁判例 判決文 裁判例 判例 裁判例 判例 違い 裁判例 百選 裁判例 表記 裁判例 別紙 裁判例 本 裁判例 面白い 裁判例 労働 裁判例・学説にみる交通事故物的損害 2-1 全損編 裁判例・審判例からみた 特別受益・寄与分 裁判例からみる消費税法 裁判例とは 裁量労働制 裁判例 財産分与 裁判例 産業医 裁判例 残業代未払い 裁判例 試用期間 解雇 裁判例 持ち帰り残業 裁判例 自己決定権 裁判例 自転車事故 裁判例 自由権 裁判例 手待ち時間 裁判例 受動喫煙 裁判例 重過失 裁判例 商法512条 裁判例 証拠説明書 記載例 裁判例 証拠説明書 裁判例 引用 情報公開 裁判例 職員会議 裁判例 振り込め詐欺 裁判例 身元保証 裁判例 人権侵害 裁判例 人種差別撤廃条約 裁判例 整理解雇 裁判例 生活保護 裁判例 生存権 裁判例 生命保険 裁判例 盛岡地裁 裁判例 製造物責任 裁判例 製造物責任法 裁判例 請負 裁判例 税務大学校 裁判例 接見交通権 裁判例 先使用権 裁判例 租税 裁判例 租税法 裁判例 相続 裁判例 相続税 裁判例 相続放棄 裁判例 騒音 裁判例 尊厳死 裁判例 損害賠償請求 裁判例 体罰 裁判例 退職勧奨 違法 裁判例 退職勧奨 裁判例 退職強要 裁判例 退職金 裁判例 大阪高裁 裁判例 大阪地裁 裁判例 大阪地方裁判所 裁判例 大麻 裁判例 第一法規 裁判例 男女差別 裁判例 男女差别 裁判例 知財高裁 裁判例 知的財産 裁判例 知的財産権 裁判例 中絶 慰謝料 裁判例 著作権 裁判例 長時間労働 裁判例 追突 裁判例 通勤災害 裁判例 通信の秘密 裁判例 貞操権 慰謝料 裁判例 転勤 裁判例 転籍 裁判例 電子契約 裁判例 電子署名 裁判例 同性婚 裁判例 独占禁止法 裁判例 内縁 裁判例 内定取り消し 裁判例 内定取消 裁判例 内部統制システム 裁判例 二次創作 裁判例 日本郵便 裁判例 熱中症 裁判例 能力不足 解雇 裁判例 脳死 裁判例 脳脊髄液減少症 裁判例 派遣 裁判例 判決 裁判例 違い 判決 判例 裁判例 判例 と 裁判例 判例 裁判例 とは 判例 裁判例 違い 秘密保持契約 裁判例 秘密録音 裁判例 非接触事故 裁判例 美容整形 裁判例 表現の自由 裁判例 表明保証 裁判例 評価損 裁判例 不正競争防止法 営業秘密 裁判例 不正競争防止法 裁判例 不貞 慰謝料 裁判例 不貞行為 慰謝料 裁判例 不貞行為 裁判例 不当解雇 裁判例 不動産 裁判例 浮気 慰謝料 裁判例 副業 裁判例 副業禁止 裁判例 分掌変更 裁判例 文書提出命令 裁判例 平和的生存権 裁判例 別居期間 裁判例 変形労働時間制 裁判例 弁護士会照会 裁判例 法の下の平等 裁判例 法人格否認の法理 裁判例 法務省 裁判例 忘れられる権利 裁判例 枕営業 裁判例 未払い残業代 裁判例 民事事件 裁判例 民事信託 裁判例 民事訴訟 裁判例 民泊 裁判例 民法 裁判例 無期転換 裁判例 無断欠勤 解雇 裁判例 名ばかり管理職 裁判例 名義株 裁判例 名古屋高裁 裁判例 名誉棄損 裁判例 名誉毀損 裁判例 免責不許可 裁判例 面会交流 裁判例 約款 裁判例 有給休暇 裁判例 有責配偶者 裁判例 予防接種 裁判例 離婚 裁判例 立ち退き料 裁判例 立退料 裁判例 類推解釈 裁判例 類推解釈の禁止 裁判例 礼金 裁判例 労災 裁判例 労災事故 裁判例 労働基準法 裁判例 労働基準法違反 裁判例 労働契約法20条 裁判例 労働裁判 裁判例 労働時間 裁判例 労働者性 裁判例 労働法 裁判例 和解 裁判例

「営業会社 成功報酬」に関する裁判例(12)平成30年 9月25日 東京地裁 平30(ワ)10277号 損害賠償請求事件

「営業会社 成功報酬」に関する裁判例(12)平成30年 9月25日 東京地裁 平30(ワ)10277号 損害賠償請求事件

裁判年月日  平成30年 9月25日  裁判所名  東京地裁  裁判区分  判決
事件番号  平30(ワ)10277号
事件名  損害賠償請求事件
文献番号  2018WLJPCA09258004

裁判年月日  平成30年 9月25日  裁判所名  東京地裁  裁判区分  判決
事件番号  平30(ワ)10277号
事件名  損害賠償請求事件
文献番号  2018WLJPCA09258004

千葉県富里市〈以下省略〉
原告 X
同訴訟代理人弁護士 荒木孝壬
東京都新宿区〈以下省略〉
被告 Y

 

 

主文

1  被告は,原告に対し,163万3544円及び内金34万4600円に対する平成29年12月26日から,内金21万4510円に対する平成30年1月16日から,内金35万円に対する同月26日から各支払済みまで年6分の割合による金員並びに内金35万円に対する平成30年1月9日から,内金37万4434円に対する同年6月4日から各支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2  原告のその余の請求を棄却する。
3  訴訟費用は,その20分の3を原告の負担とし,その余を被告の負担とする。
4  この判決は,第1項に限り,仮に執行することができる。

 

事実及び理由

第1  当事者が求めた裁判
1  請求の趣旨
(1)  被告は,原告に対し,193万3544円及び内金34万4600円に対する平成29年12月26日から,内金56万4510円に対する平成30年1月9日から,内金35万円に対する同月26日から各支払済みまで年6分の割合による金員並びに内金67万4434円に対する同年6月4日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
(2)  訴訟費用は被告の負担とする。
(3)  仮執行宣言
2  請求の趣旨に対する答弁
(1)  原告の請求を棄却する。
(2)  訴訟費用は原告の負担とする。
第2  当事者の主張
1  原告は,請求原因として別紙のとおり述べた。
2  被告は,請求原因事実について争うことを明らかにしない。
第3  当裁判所の判断
1  上記第2の2に鑑み,被告は別紙の請求原因事実を自白したものとみなす。
2  以上によれば,原告の請求は,下記の限度で理由がある。
(1)  試用期間中の賃金 11万8800円
(2)  上記(1)に対する遅延損害金
平成29年12月26日(各賃金支払日以後の日)から支払済みまで年6分の割合による金員
(3)  平成29年11月分賃金 22万5800円
(4)  上記(3)に対する遅延損害金
平成29年12月26日(賃金支払日の翌日)から支払済みまで年6分の割合による金員
(5)  平成29年12月分賃金 35万円
(6)  上記(5)に対する遅延損害金
平成30年1月26日(賃金支払日の翌日)から支払済みまで年6分の割合による金員
(7)  平成30年1月分賃金 21万4510円
(8)  上記(7)に対する遅延損害金
平成30年1月16日(被告が原告に対し約束した支払日の翌日)から支払済みまで年6分の割合による金員
なお,原告は解雇日の翌日を始期として主張するが,被告が解雇の意思表示をしたからといって,必ずしも解雇日以降に支払日が到来する賃金について期限の利益を放棄したことにはならない。
(9)  解雇予告手当 35万円
平均賃金の算定に当たっては,試用期間の日数及び賃金は除外される(労基法12条3項5号)。
原告が本採用された平成29年11月15日から,解雇日の前日に最も近い賃金締日である同年12月20日までの賃金総額は,57万5800円である(なお,同年11月分の給与は,試用期間後の本採用日が同年11月15日であるにもかかわらず,あえて被告が起算日を同月1日として支払を約したものであるから,これを同月15日の本採用以降の賃金と認めるのが相当である。)。
これを上記期間の総日数(36日)で除し,平均賃金は1万5994円となる。
原告の請求する解雇予告手当の金額は,上記平均賃金の30日分を上回らない。
(10)  上記(9)に対する遅延損害金
平成30年1月9日(解雇日の翌日)から支払済みまで年5分の割合による金員
なお,原告は年6分の割合による遅延損害金を請求するが,解雇予告手当は雇用契約に基づき発生するものではなく,法律が特に認めたものであるから,商行為性はない。
(11)  立替払に係る求償金 37万4434円
(12)  上記(11)に対する遅延損害金
平成30年6月4日(訴状送達の日)から支払済みまで年5分の割合による金員
3  原告の弁護士費用相当額の請求については,請求権の法的根拠が明らかでないから,理由がない。
4  よって,主文のとおり判決する。
東京地方裁判所民事第36部
(裁判官 別所卓郎)

 

別紙
請求の原因
1(当事者並びに雇用契約の成立)
原告は、千葉県印旛町にある株式会社aで、ハイヤーの運転業務に従事していたものであるが、平成29年10月13日勤務先から指定を受け、台東区錦糸町で乗車させた被告から、運転歴、給与額などを尋ねられ応答していた。すると、被告は運転態度が気に入った、僕個人のための運転手になってくれないかと申込まれた。
そこで原告は、被告に対し雇用条件を尋ねたところ、被告は試用期間を1ヶ月と定め、試用期間内の報酬は、被告から連絡を受けた原告は、被告が乗車した場所から降車した場所間で運転して、その都度、1万0800円の報酬を支払い、1ヶ月後の平成29年11月15日から正規の運転手として雇用し、給与として月額35万円を毎月20日締めで翌25日に支払うところ、11月分は11月1日を起算日として支払うと言い、原告はこの被告の申込みを承諾し、10月18日上記会社を退職した。
その折、被告は原告に対し、茨城県鉾田市〈以下省略〉に本店を置く、株式会社bの社長と告げたうえ、携帯電話番号を告げた。
この時、被告が原告に手渡した名刺に記載されていた株式会社bの本店所在地は、移転前の本店所在地となっていた。(甲5)この会社は実体のない登記簿だけの会社にすぎないものであった。
2(試用期間内の勤務状況)
(1)原告は被告から試用期間として告げられた期間は、次のとおり被告の指示に従い運行した。これにより、金11万8800円の賃金債権を得たが、その支払いを受けていない。原告は、この金11万8800円の支払日を最終業務日の後の日である11月25日とする。
平成29年10月20日 練馬方面から新宿
同年同月25日 新宿周辺
同年同月26日 〃
同年同月30日 〃
同年同月31日 〃
同年11月1日 〃
同年同月1日 西麻布→錦糸町方面
同年同月3日 新宿→お台場→新宿
同年同月5日 新宿→渋谷→新宿
同年同月6日 新宿→渋谷→新宿
同年同月12日 六本木周辺
3(原告の試用期間並びに正規雇用期間中、被告が原告に命じた運行業務について)
原告が試用期間中、被告から命じられた11回の各運転時間は、いずれも午後5時から午後11時頃、時には午前2時頃までの間で、被告の用向きは、女性との飲食、ボウリング等の遊びであり、アプリケーションの開発その他28の営業を行う株式会社bという会社の代表取締役の行為とは認められないものであり、正規に運転手として雇用された平成29年11月15日以後における運転時間と被告の用向きは、別紙記載のとおり同様のものから、被告が原告に命じた運転業務は株式会社bの業務とはいえないもので、被告のためのものであった。
4(原告の被告に対する賃金の未払い)
(1)被告は原告に対し、労働規約上約束した上記11回に及び試用期間中の業務に対する1運行当たり1万0800円の割合による賃金11万8800円の支払いをなさない。
のみならず、原告を正規運転手として雇用した平成29年11月15日より原告を解雇した同30年1月8日までの間の賃金をも支払わない。
(2)原告が被告から正規運転手として雇用された期間の賃金は、毎月20日締めの25日支払いとの約束のところ、被告は原告に対し11月分は11月1日を起算日とすると約束したので次のとおりのところ、被告は平成30年1月8日原告を通常解雇した。
〈表省略〉
上記21万4510円の支払日は、本来、平成30年2月25日のところ、被告は同年1月8日原告を解雇したので、その支払期限の利益を放棄したものであるから、その支払日は同年30年1月8日である。
また、労基法23条は労働者の退職の場合において、権利者請求があった場合において、7日以内に賃金を支払わなければならないと定められている。この点につき、被告は原告に対し平成30年1月9日全額の支払いを1月15日と約束しながら支払っていないものである。(甲6)
5(求償金)
被告は、原告を運転業務者として雇用中、原告に命じてコンビニエンスで煙草、飲料水、コーヒー等を、また、飲食店で飲食代を更には女性同伴でのホテル代金の立替払いを求め、別表記載のとおり、平成29年10月20日から同12月19日までの間38回、合計37万4434円を原告に立替払いさせた。
6(弁護士費用)
原告は本件訴訟を弁護士荒木孝壬に委任し、着手金10万円、成功報酬20万円の支払いを約束した。
被告の原告に対する上記賃金並びに立替金の未払いは、平成30年4月11日付訴状補正の申立書に記載した被告の違法行為によって生じたものであるから、刑法上、詐欺罪に該当しなくとも、社会的に許容されない公序良俗に反するものであることは明らかであり、単なる契約違反に基づく債務不履行ではなく詐欺紛いの行為といえる。
大審院民事刑事総連合部判決、昭和17年(オ)第340号損害賠償請求事件、民集22巻1185頁は、その要旨として「案スルニ不当訴訟カ目的ソノ他ニ於テ公ノ秩序善良ノ風俗ニ反スルアリ不法行為ヲ構成スルニ於テ公訴ノ為メ委任シタル弁護士ニ支払ヘル相当範囲ノ報酬手数料其ノ他ノ費用ニ付キ民法行為ニ関スル規定ニ従ヒ之ノ賠償ヲ原告ニ請求スルコトヲ得ヘシ」と判示している。
この大審院の判例は、不当な訴を提起された者に限らず、不当な行為によって受けた損害を、訴えにより回復するため委任した弁護士費用に関しても当て嵌まるものである。
7(結語)
よって、原告は被告に対し未払いとなっている賃金、求償金の支払いを求めて要した弁護士費用の支払いを求め、請求の趣旨記載の判決を求める。

〈以下省略〉

 

*******

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。